朝や午前中の頭痛や腹痛…私の治し方はやっぱり寝ること!

“性別は男、年齢は26歳。朝や午前中は大体頭痛や腹痛が起きます。

頭痛に関しては薬を飲むか仕事の準備をしている時間を

いつもより少し早めて少し寝転び安静にしています。

 

 

腹痛に関しては、下痢が多いのでこちらも薬を飲んだり

お腹を温めたり腹巻をしたり、お腹を中心に毛布や布団を巻き付けたり、

暖かい飲み物やおかゆを食べたりして対応します。

 

腹痛と頭痛が一緒に来る場合もありますがその場合は、

腹痛薬と頭痛薬は種類によりますが一緒に飲むのは良くないと

医者に言われたのでどちらか片方酷い方の薬を飲むようにしています。

 

事前に予防するのも、もちろんしていますが事前にしていても

心と体の体調は一緒に良い状態のままは自分の場合、

昔から体が強くない分出来ないのでもっと酷い場合は薬も効かないし、

動けない状態が続くので最悪仕事がある日にそうなると

会社に電話し欠勤します。

 

その事に関してはすでに会社に伝えているので

 

理解ある会社なのでこちらとしては助かっている状態です。

 

他にたまにではありますが吐き気がする場合は、

近くに嘔吐しても大丈夫なようにビニール袋とティッシュは

必ず置く様にしていますし他にも水とコップを準備し、

吐いた後の口の中の気持ち悪い感覚もすぐマシになれるよう置いています。

 

口の中に気持ち悪い感覚が残るとまた吐き気が

出てくるので私はそう対策をしています。

 

体調面はそれだけですが精神面になると仕事からのストレスや日常生活、

先ほど申し上げた午前中になる体調不良でのストレスなどで

ダメージを受ける事があります。

 

その場合は、自分自身のストレスの発散方法としては

 

休日なら自宅でゆっくりしたり音楽を聴いたり、

寝たりしてストレスを全ては発散することはできませんがだいぶ和らぎます。

 

オススメとしてはやはり、寝ることが一番良いと考えています。

ストレスを抱えるとなると考えたくなくても考えてしまう事が多いかと

思いますが寝るとなると何も考えずに済みます。

 

ただ、寝るまでに時間がかかるという方には、

暖かいホットミルクやホットミルクが苦手な方は

ココアやお茶など兎に角暖かい飲み物が良いかと思います。

 

人によりますが紅茶も落ち着く要素もあるそうなので

そちらもオススメします。

 

最後になりますがやはり体調面も精神面の体調も暖かい物をとったり、

身に着けたりすると人はそれでホッとなったり和らぐのだなと思います。

 

あくまでこれは私の対処方なので他の方にも効くかはわかりませんが、

人それぞれ対処方は違うと思いますし人それぞれ効き目が違うと

思いますが私の対処法で少しでも楽になる方が居たらと思います。

 

私はこの対処法で10年間乗り越えてきました。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket