朝から午前中いっぱい続く頭痛を乗り越えるための方法とは?

具体的な症状

私は現在20歳の男子大学生です。
私は朝起きると大抵頭痛がありひどい時にはこの頭痛が午前中いっぱい続きます。
そこからイライラしたり無気力から周りの人に迷惑をかけてしまっています。
元々朝起きることが苦手で起きるまでに2度、3度寝をしてしまう事が原因なのかもしれません。

 

不調を乗り越えるためにしていること

そんな私が今朝の不調を乗り越えるためにしていることは好きな音楽を聞きながらの早朝のランニングです。
何故体も頭も冴えない早朝にランニングをするのかというと私はこのランニングを1年間続けていますがこんな変化がありました。

 

まず1つは体が温まり頭がシャキッとすることです。
今までの頭痛やイライラはイマイチ体にエンジンがかからず頭が冴えないことが原因だったとランニングを始めて気づきました。
ランニングをする時は寒いしダルいけれどまず始めに10分続けてみると中々楽しくなってきます。
この時に自分の好きな音楽を聴きながら走るとテンションも上がってきて体が温まってきます。

 

しかし、始めてすぐに長い間走り続けるとキツくなるので自分の体との相談が必要です。
無理をすると膝を壊したり、キツいからやりたくなくなり継続しなくなってしまうかもしれないからです。
あくまでも大切なのは続けることなので週に3?4回行うのが私からのオススメです。
途中で歩いてみたりすると朝の綺麗な景色を見られる時もあるのでいつもとは違う近所の雰囲気を楽しんでみるのもおすすめです。

 

そしてもう一つ私が感じた変化は生活習慣が安定してくることです。
早朝のランニングは私は基本朝の6時?7時までの間で行っていますが、やはり朝早く起きるのが苦手な私にとってランニングをするための早起きは正直苦痛でした。
当然朝早くから体を動かすので体は早く疲れてしまいますがそのおかげで夜の11時までには眠気がくるようになってきました。
なので必然的に夜眠りにつく時間も早くなり1ヶ月には朝早く起きることが苦痛ではなくなっていました。

 

また朝のランニングも楽しみになって朝起きやすくなる体質に変わっていました。
今まではよる12時を過ぎても眠気が来なくて眠りに落ちるまでの時間が長くそのせいで朝も起きにくい体質になっていたんだと思います。
まずは始めに1週間試しに走ってみたら走っている時に見える朝の綺麗な近所や空気、走り終わった後の心地よい疲労感と走れたという達成感は朝のランニングの気持ち良さに気づくと思います。
朝弱い方は是非試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket