低血糖が原因で朝、頭がぼーっとする…太陽の光と運動がとても重要!

私は低血圧が原因で、朝や午前中はボーっとする、

頭が働かない、ひどい時には吐き気があります。

 

そんな私の午前中の乗り切り方は、

とにかく体が元気になるように工夫します。

 

1つ目は太陽の光を浴びるようにしています。

朝目覚めて起き上がることができたら、

カーテンを開けて日の光を浴びます。

 

なるべく目を開けて、太陽の温度を

感じるようにして5分ほどいます。

 

体が温まるのと気分が若干上がります。

晴れていない日はがっかりしてしまうので

お天気は体の調子に関係してるのではないかと思います。

 

次に、しっかりと朝食をとるようにしています。

主食は基本的にはお米です。

 

お米とおかずとなにか汁物を用意します。

おかずはなかなか作るのがきついので、前の日の残りものか、

冷凍食品をチンしたり、納豆にしたり、

とにかく最小限のエネルギーで食料を口の中に運べるようにします。

 

汁物はインスタントのみそ汁か

ジャガイモのポタージュがほとんどです。

 

時間があるときは手作りするときもあります。

インスタントであればケトルのスイッチを入れるだけで

食べることができます。

 

そして、なるべくゆっくり、よく噛んで

ゆっくりゆっくり体が起きるように調節します。

 

あったかい汁物のおかげで調子が上がってきます。

そして、私にとってはスキンケアも気分を上げて

午前中を乗り切るための大切なことです。

 

顔を洗って、化粧水をコットンでつけて、

乳液をなじませてはけを使って化粧をします。

 

赤みがかった自分の顔の色を均一になるようにします。

しっかりスキンケアとお化粧をすると

気分が上がって今日も頑張ろう、という気持ちになります。

 

そして、自転車または歩きで勤務先に通います。

車で行ってもいいのですがやはり少しだけ体を動かすのと

そうでないのとでは体の調子がだいぶ違います。

 

自転車は特に気を抜くと遅く漕いでしますので、

脚に負荷がかかる程度にこぎ続けます。

 

歩いていく際も足が伸びるように早歩きを心掛けています。

汗ばむくらいで際者に到着することができると、

会社に入ってからも元気に行動することができます。

 

特に朝ごはんを抜いてしまうと、いくら昼ご飯をしっかり食べても

一日元気になることがないままのことが多いです。

 

また、眠気がどうしても取れない時は

熱いシャワーを浴びることもあります。

 

そうすることで朝の支度をするまでは眠気に勝つことができます。

ご飯を食べることと通勤で軽度の運動をとることが

朝の調子を上げるために非常に大切なことであるように感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket