朝に偏頭痛、気だるさ、食欲不振、微熱…これらを治した方法

“現在26歳、女です。私は毎朝、その前の晩にいくらたっぷり

睡眠を取ってもスッキリ爽快に起きれる事はなく、

偏頭痛や気だるさ、食欲がなく、たまに微熱や吐き気に襲われます。

 

その日の天候によっても体調が変化します。

特に、雨や曇りなど天気がはっきりしない日などの朝は症状も最悪です。

 

また、気温の変化も関係してきます。

肌寒くなり、冬に近づくこの季節は、朝時間通りに起きれなかったり、

目が覚めてもなかなか体を起き上げられなかったり、

けして寒いから、起きたくないからという感じではなく、

全身が重く気分が悪いといった感じです。

 

しかし、お昼に近づくにつれ、

偏頭痛や気だるさも和らぎ、通常に戻ります。

 

この症状が出だして、病院に診察にも行きました。

 

普段からストレスを感じている方ではなかったのですが、

仕事によるストレス、時間に追われ、食生活が

乱れているのではないかと指摘されました。

 

それから、朝食をできるだけ取るようにはしましたが、

やはり食欲がわかないので、白湯や果物(バナナ・リンゴ)、

ヨーグルトなど軽いものを食べていました。

 

夜は、なるべくお風呂に浸かり体を温めリラックスしてから

ベッドに入るようにもしています。

 

今でも、朝の症状には悩んではいますが、

以前に比べるとだいぶ、起きやすくもなりました。

 

朝は、気分を上げるために自分の好きな音楽を聴いて、

今やりたいことを頭に浮かべ、モチベーションを上げたり、

とにかく朝は何かポジティブなことを思い描くようにしています。

 

それから、少し早めにアラームをセットし、

太陽の光を浴びて軽くストレッチ等もしています。

 

これは、アロマセラピストの友人から勧められたことです。

どうしても、症状が重たい日は、美容ドリンクや

エナジードリンクを買って飲んだりもしています。

 

休日にホットヨガも始めました。

 

朝のあの偏頭痛や気だるさは本当に憂鬱で、

どこから来るのかもわかりません。

 

これはこの症状を持ってる人にしかわからない事だとは思いますが、

本当に悩まされます。

 

しかし、諦めるのではなく、医療機関を受診し専門医に相談したり、

食生活を変えてみたり、運動やリフレッシュする時間を

増やしたりする事によって症状が軽くなったり、改善できるものです。

 

私もまだ、完全には改善はできていませんが、

何とか向き合い、私自身で出来る事を続けています。

 

好きな音楽を会社に着くまでの通勤時間にずっと聴くだけでも、

だいぶ気分は変わります。とにかく、好きなこと、ものをできる

時間にできるだけやっています。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket