子宮筋腫で朝は頭が重い、ふらふらする!私の改善方法は…

“30代後半の女性です。

子宮筋腫があり、貧血の治療をしている私は、朝おきる時に一番苦労します。

頭が重い感じがしたり、ふらふらしたりすることがあります。朝の体調不良は、

鉄分不足が深くかかわってると病院の先生に言われました。

 

病院で処方された鉄分を飲んだり、自分でも鉄分を取れる食材や、

食べ物を多くとるようにいています。

 

調理も面倒なレバーは、缶詰をかったり、ほうれん草なども

冷凍野菜の物を買っていつでも使えるように常備しています。

 

今は、病院で偽閉経療法のホルモン剤の点媚薬をもらい、

生理をとめる治療をしています。

朝、ふらつきやだるさがひどい人は、病院を一度受診してほしいです。

 

私も自分では、気づきませんでしたが、貧血がかなり進んでいました。

軽い貧血で、病院の治療が無い場合は、自分で薬局で鉄分のサプリメントを

買って飲むのもいいと思います。

 

女性はどうしても閉経まで生理があるので、

 

鉄分を含んでいる食べ物をとることがとても大切だと思います。

 

貧血もひどくなると、過呼吸もおこします。私も職場で2回か呼吸になりました。

仕事のストレスもあったかもしれませんが、鉄分不足も原因だといわれました。

 

朝起きての症状がひどい場合は、無理をしないで症状が治まるまで

安静にいていることも大切です。

 

女性の体は、閉経の前後に更年期を迎えます。私の場合は、子宮筋腫があり、

原因がはっきりしていましたが、偽閉経のホルモン療法により、

更年期の副作用が出ました。

 

朝起きるの時に頭がおもく、おきれない時もありました。

副作用の更年期の症状が出はじめたみたいでした。

 

婦人科の病院には、調子の悪い時に通い、先生に症状を

言っていろいろ相談しました。

薬の副作用でも朝の不調がやってきたのです。

 

私は、対処法としては早めに寝ることを心がけました。

 

また、体が不調な時は無理をしない程度に動くようにしました。

 

家事や仕事も全部できなくても大丈夫と自分に言い聞かし、できない自分を

責めないようにしないといけないなと思いました。

 

人間ですので、できていたことができないのはとても不安に感じましたが、

そんな時は義母が昔同じように子宮筋腫で、

同じような治療をしていたので相談していました。

 

私は、今も現在進行中で朝起きるときの不調は時々起きますが、

あまり深刻に考えすぎないようにしています。

 

深刻に考えるとしんどくなってしまうので、調子の悪い時は家族に

「今、体調が悪いから動けないよ。」と言っています。

 

それだけでも気が少し楽になります。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket