朝の目覚めの悪さ・体のだるさに打ち勝つ方法とは?

具体的な症状

 

20歳の女性です。
私の毎朝は、比較的起きることの苦痛から始まることが多いです。
低血圧でもなく、夜更かしをしたわけではないのですが、どういうことか起床という行為が苦痛です。
具体的には体のだるさや目覚めの悪さ、起き上がれない、などです。

 

また、最近よくあるのが腹痛です。
前まではなかったのですが、朝ご飯を食べる食べないにかかわらず腹痛が起きる回数が増えています。
汚い話し、すんなり出てくれればいいのですがそんなわけにもいかず…。
おかげでトイレに長時間いることも多く、約束のためにせっかく早起きをしても、遅れることがしばしばです。

 

加えて、朝の電車での吐き気は最悪です。
朝起きた時から調子が良くないので、そのせいで電車で吐き気がするのかなと思っています。
こうやって書いてみると、意外と悩まされているものです。(笑)

 

これらに打ち勝つための方法

これらに打ち勝つためによくやっている方法がいくつかあります。
まずは、起床ですが、2度寝は出来るだけ控えるようにしています。
二度寝は体力を使うためとても疲れるととどこかのサイトでみたことがあって、それからはしないようにしていますが、なかなか難しいものです。

 

そして、自然と目が覚めた時はその時に起きる、これが一番だと気づきました。
目覚ましで起こされると、身体が起ききれていないのか起き上がるのにとても時間がかかり、そのせいで二度寝してしまうこともあります。
しかし、起きなければいけない時もありますよね。
当然目覚ましをかけますし、自然と起きなければならない時間に起きれるような体質でもありません。

 

そんな時にしているのは、目覚ましで起こされてからすぐに立とうとはせず「布団の上で体をもぞもぞ動かす」ということです。
布団に寝ころんだまま背伸びをしたり、寝返りを数回してみたりしています。
これ、私の場合は意外と効くので、結構すんなりと起きれたりします。
二度寝には注意しなければいけませんが!!(笑)

 

また、腹痛についてですが、これにはまだうまい乗り切り方を見つけ切れていません。
しかし、夜ご飯や間食をしてすぐに寝ないことやお酒を飲みすぎないことには注意しています。

 

また、夜寝る前にコップ一杯の水を飲むと朝のお通じが快調だと聞いたことがあるので、実践してみようかと考え中です。
とりあえず、お腹を冷やさないことと食べる時間に気を付けています。
食べ物自体にも、夜は油物などは控えるといったことも必要かもしれないと、これを書きながら思いました(笑)。

 

最後に朝の電車についてですが、これは、家で体調を整えることができればどうにかならないかな、と思っています。
現段階の対策としては、出来るだけ座ることと、座れないときは体をもたれかけれるスペースを見つけて滑り込むことくらいですかね。

 

あとは、スマホなどの見過ぎでずっと下を見ないこと。
これは重要だと思います。
下を見続けると気分がさらに悪くなるので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket