朝の通勤中に立ちくらみ…朝食でだいぶ良くなりました

“私は24歳の男性の会社員なのですが、最近の早出勤・早退勤の流行の

影響で、朝が弱い私にはとても辛い日々が続いています。

 

どのような辛さかと言いますと、私の場合は、立ちくらみです。

通勤中では、もう立っていられない程疲れており、

絶対に席を確保するべく、人を押しのけて座ります。

 

優先座席にも座りたいですが、流石に人としてアレかなと思いますので、

それは出来ませんが。会社に着いても憂鬱な気分で、

仕事を始めようとはならず、朝の10時くらいまでは、

のんびーり仕事をしています。

 

このままでは会社にマイナスですし、何と言っても、私が倒れる

可能性がありましたので、栄養価の高いドリンクと

ヨーグルトを食べることを始めました。

 

何のドリンクかと言いますと、CMで有名なリポビタンDです。

会社の前のコンビニでいつも置いているので、飲んでみると、

確かに頭の回転が戻るスピードが早くなりました。

 

それまでは、10時くらいにならないと立ちくらみが治らなかったのですが、

これを飲むと、仕事を始めてから30分くらいで頭や目が冴えてきます。

 

 また、ヨーグルトの方は、出来るだけ具だくさんで、

ビフィズス菌などの腸内環境を良くしそうな商品を購入しています。

 

腸内環境が良いと、体の調子が良くなるそうですし、

体の調子が悪いと、腸内環境も悪いこともありますからね。

 

ということで、これを毎朝取るようにしています。

これらの生活を始めたのが半年前なのですが、

継続的にやっていた結果なのか、今では通勤中の立っていられない程の

立ちくらみはなくなるようにはなりました。

 

また、朝においしいヨーグルトを食べることが出来ますので、

テンションが多少上がるようにはなりました。

 

そして、何よりこの生活をしていて変わったことは、

朝食を毎日取るようになったことです。

 

それまでは、朝が早いこともあり、出来るだけ寝たいと考えており、

朝食を取る時間も寝ていて、昼食まで何も食べずに生活していました。

 

そして、今現在気付いたことは、前に記述したドリンクとヨーグルトも

良いのですが、やはり朝食をしっかり取らなければということですね。

 

朝食をしっかり取り、トイレに行くことで体全体が動き出し、

そして脳も動き出します。それまでは、体を無理やり動かして、

脳はまだ寝た状態みたい感じだったのではないかなと思っています。

 

今現在も朝の調子が悪いと悩んでいる方は多いと思います。

ですので、私からのアドバイスとしましては、毎日朝食をしっかり取り、

トイレに行き、それでも調子が良くならなければ、

リポビタンDやヨーグルトなどを副食のような形で取っていくと、

徐々に治っていくだろうと思いますよ!!”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket